カテゴリ:fabric&tool etc.( 19 )

** Liberty Eternal Collection 2017 **

嬉しいことに、Liberty JapanよりEternal Collection 2017として、私の大好きなChristelle」が再登場☆
e0258774_19293260.jpg
タナローン(右2つ)の他に、リネン生地(左2つ)のものもありました。
どんな作品に仕立てようか…生地を眺めながら考えている時間もカルトナージュの楽しみのひとつですね☆
e0258774_19294956.jpg

by lp_gallery | 2017-02-20 19:34 | fabric&tool etc.

** Blow in house **

この辺りも日に日に寒くなってきました。
e0258774_14391045.jpg
季節を感じる木々や実、花の姿により心惹かれる私ですが、季節を問わず彩りをプラスしてくれるシルクフラワー。
お友達のウェディングにリングピローを作りたいというご依頼をいただき、私のお気に入りのショップ『Blow in house』よりいくつか取り寄せてみました。欲しい花を見つけてもすでにsold outのことも多く、「在庫残り1点」の文字を見つけると、慌ててクリック‼ (笑)
こんな風に素敵にラッピングしてくださって、いつも届くのが楽しみです♪♪
実店舗も京都五条の町家(あじき路地) にあるそうで、いつか訪れてみたいです。
e0258774_143658.jpg

Blow in house(ブローインハウス)
京都府京都市東山区大黒町松原下る山城町2-284 南2
075-533-6356

by lp_gallery | 2014-11-20 16:34 | fabric&tool etc.

** Pau&CO. **

秋が深まり冬が近づくこの季節、なぜかやりたくなるのがクロスステッチ(point de croix)。
以前もご紹介したように、カルトナージュ作品のイメージにあった色のカラーリネンに、好みの色の糸で刺していくのが好きですが、なかなかネットで探してみても、ベルギーで出会ったような絶妙なカラーリネンが見つからず、日本ではもう手に入らないかと諦めかけていたのですが・・・ついに☆見つけちゃいました!!
今年の4月からOpenされた通販サイト『Pau&CO.』さんのベルギー製カラーリネン。

さっそく注文してみると、色合い・目の細かさ(12目/cm)・手触り(固めで刺しやすいです)
・・・嬉しいことに、私が探し求めていた通りのクロスステッチ用カラーリネンでした。
カラーリネン以外にもフランスやアメリカから輸入された手芸小物も取扱いされています。
注文の品に添えられていたショップカードも、糸巻きの形をしていてとっても可愛い☆

さぁ!! さっそく明日からちくちくはじめよ~っと♪♪
e0258774_22502534.jpg
輸入手芸材料の通販サイト「Pau&Co.」:http://pauandco.com/
by lp_gallery | 2013-11-22 22:53 | fabric&tool etc.

** Christelle **

「Christelle」
私が出会ったLibertyの中で、最も好きなのはこの柄のこの色。
でも、残念ながら今はもう手に入らず・・・
残った小さなハギレを額に入れて飾ることにしました。
何度も眺めては、「う~ん☆やっぱり素敵!!」
・・・いつか復刻されることを願っています。
e0258774_13235110.jpg

by lp_gallery | 2013-10-07 13:48 | fabric&tool etc.

** チャーム **

ステーショナリーBOXで使ったナンバーのチャーム(ペンダントトップ)は、うみじかんさん主催の海辺百貨店に出店されていた『ステン堂』さんで見つけたもの。
e0258774_18501361.jpg
他にも☆No.1〜5の色とりどり、形とりどりのチャームや・・・
e0258774_1851424.jpg
とてもキュートなお花のチャーム。
e0258774_18512987.jpg
そして、こちらはanniemomの頭文字「a」が刻まれたチャーム。
どれも手にとった時にビビッときたものばかり☆作品にプラスするのが楽しみです。
e0258774_18515617.jpg

by lp_gallery | 2013-04-14 18:52 | fabric&tool etc.

** 円切りカッター **

最初に購入した円切りカッターはベニヤ板までカットできるというC-3000GP(写真左)でした。
でも、どうも私はなかなかコツがつかめず、結局ずっとコンパスで円を描きカッターでカットしていました。
しかし、レッスンをするようになり、さすがに一度に何個もの円をハンドでカットするのはつらく・・・
そんな時、カルトナージュのお仲間にすすめられ、もうひとつのiC-1500P(写真右)を購入してみました。
確かに中心に開く穴が小さいためズレも少なく、2㎜カルトンも2,3周回せばキレイに切れます。
ただ、カッターについた目盛で直径の大きさをあわせカットすると、なぜか2㎜程小さいのです。
まぁでも、そのクセさえ知ってしまえば特に問題はないので、今ではすっかり頼っています。
・・・となると、続いてはオーバルカッターも気になるところですが。・・・??
e0258774_10324144.jpg

by lp_gallery | 2013-03-13 10:57 | fabric&tool etc.

** 三河木綿 **

ここ愛知県は大きく地域を分けて、尾張地方と三河地方に分けられます。
それぞれの地方には昔から伝えられた木綿にまつわる手工芸があり、
尾張では国の伝統工芸品としても指定されている「有松絞り」「鳴海絞り」が有名です。
そして、私が住む三河にも「三河木綿」「三河縞(みかわじま)」と呼ばれるものがあります。
今ではその「三河木綿」の多くが機械織り(工場生産)となっておりますが、そんな中、昔ながらの手法にこだわりひとつひとつ手作業で作ってみえる方々も。
綿花から糸をつむぎ、草や木などの天然素材で糸を染め、縞模様の色やデザインを考えながら一本一本織り機にタテ糸をかけた後、今度はヨコ糸を一本一本織りこんでいく・・・
「この世でひとつしかない布を作る。本当に楽しくてしょうがないの。」と話すのは近隣に住む小母。
この反物も小母が織ったもの。縞の真ん中にデザインされているパープル(ピンク)の糸はバイオリン職人の知人からフェルナンブコのおがくずを譲ってもらい染めたものだそう。
初めて手織りの三河木綿を手にし、その風合いに心奪われました。
そして、この貴重な布を箱に仕立ててほしいとお願いされ・・・そんな願ってもない依頼に、心が高鳴なる私でした。
e0258774_19582828.jpg
以前、伊藤まさこさんが三河木綿工房へ訪れた記事がありますので、よかったらどうぞ→
by lp_gallery | 2013-03-06 20:25 | fabric&tool etc.

** これな~に?! **

近頃、レッスンのテーブルの上に置いてあるこちら↓ ・・・何だかわかります?!
「先生、これな~に?!」と生徒さん達も興味深々。
e0258774_15561596.jpg
実はこれ、REDECKERの洗濯ばさみ
ウッドで出来た洗濯ばさみですが、案外優れ物なんです。
クリップほど力強くはないけれど、ウッドが平らに削ってあるだけなので、跡がつきにくくていいんです。
箱の内側面の貼り付け(2㎜カルトン+カルトネット)にもちょうどいいのですが、なんといってもクルクルの箱の丸箱付け。頼りがいのある愛しのウエイトくんにもこの時ばかりはお願いできず・・・
側面部分は手で押さえるしかないのですが(皆さんはどうされてます?)、一番剥がれやすい隅の部分をしっかり固定するのに便利なんです。
e0258774_1642932.jpg

by lp_gallery | 2012-12-15 16:22 | fabric&tool etc.

** お掃除ブラシ **

カルトナージュのお道具ではないですが、カルトナージュの箱をお掃除するブラシのご紹介☆
なぜかベルギーにくらべ、日本はすぐにホコリがたまるような・・・気付くと布箱がホコリだらけ。
そんな時、溝にたまったホコリまでもしっかりとってくれるブラシがこちら☆スウェーデンのIris HANTVERK
レッスン後のテーブルの上の糸くずも、ササッと掃ってくれて、とても重宝しています♪♪
e0258774_18164410.jpg

by lp_gallery | 2012-09-19 18:50 | fabric&tool etc.

** 布の収納方法 **

布の収納、皆さまはどのようにされていますか?

ベルギー人の先生のアトリエでは木の棚に無造作ながらも、たくさんの生地がキレイに積み重ねて置かれていました。
また、佐伯先生のATELIER ROSEBERRYではホワイトのチェストに色ごとにきちんと収納されており、レッスン時にそのチェストを開ける度にわくわく☆うきうきしたものです♪♪

そして、今、私は・・・。
以前、トランクに収納しているリバティやホビーラホビーレの布たちはご紹介しましたが、その他にも各カテゴリごとに収納方法はさまざま。
Tildaの生地はTildaのTin缶に☆
e0258774_1173697.jpg
Cath Kidstonの生地は先月、姉より誕生日プレゼントでいただいたキャスのバックに☆
この他にもLIBECOのリネン、Laura Ashley、Mas d'Ouvan・・・などなど。
なぜカテゴリごとに収納しているかというと・・・
まず第一に自宅アトリエではないため、持ち運びがしやすいこと。
また、レッスン作品を考える際、テイストや生地の厚みを考慮しながら、デザインやカルトンサイズを出すため、この作品はこの生地の中からお好みのものを・・・と生徒さんに選んでいただくため。
あとは、缶やカゴやバックなど、限られた収納場所を決めておくと、これ以上は買わないように!! と心がけるから・・・かな♪♪
e0258774_11101773.jpg

by lp_gallery | 2012-09-06 10:58 | fabric&tool etc.


『les Pétales(レ・ペタル)』 より作品紹介やアトリエからのお知らせ、またカルトナージュに関するお道具や生地の話など、随時ご紹介していきます。


by lp_gallery

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 ** お問い合わせ先 ** les_petales@yahoo.co.jp


当ブログ内の画像・文章等の無断複写・転載、およびオリジナル作品の商用・公開等を目的とした模倣・複製はご遠慮ください。

カテゴリ

全体
les Pétales
anniemom
fabric&tool etc.
anniemom in Belgium
Belgium

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

画像一覧